新型コロナウイルスが猛威をふるっているなか、多くの被害を受けていたり大変な思いをされている方が多いと思います。

この北海道でも緊急事態宣言が出されています。
当院では以前から感染症に対する取組をしてきましたが、新型コロナウイルスの広まりには危惧を感じています。
まず、一番大切なことは歯科医院からコロナを出さないそして入れないことだと思っています。

新型コロナウイルス感染症予防のために私たちは以下のことを実施しています。

患者様をコロナから守るために
当院のスタッフをコロナから守るために
ご理解ご協力をよろしくお願いします。

【マスクの着用】

スタッフ全員のマスク着用。
治療スタッフは以前から感染予防のためマスク着用で対応しておりますが、現在は受付スタッフをはじめ全スタッフがマスク着用を義務づけています。
説明や導入の時も院内にいる限り全てのスタッフはマスクを着用の上で仕事をすることをご理解ください。

お手数ですが患者さまも待合室ではマスク着用のご協力をお願いします。

患者さまからマスクを有料で分けて欲しいと言われますが、医療現場でもマスクの入手は難しくなっています。

残念ながらマスクの配布はできませんが、ご自分で用意をしていただきますようご協力お願いします。

【消毒用アルコール設置】

玄関入り口にアルコール消毒液を設置してあります。
院内の出入りの際には必ず手指の消毒をお願いします。

【検温の実施】

全ての患者様に検温をスタッフが行っています。
検温の結果37.5度以上のお熱がある方は、申し訳ありませんがその場で直ぐに帰っていただきます。

次回の予約は熱が下がり4日以上経過後、全く問題が無いことを確認したのちに改めて予約の取直しをさせていただきます。

【待合室の新聞、雑誌、パンフレットの除去】

複数の方が触る場所を極力少なくするため待合室の新聞、雑誌、パンフレットは全て除去いたしました。

必要なパンフレットは個別にお渡し致しますのでスタッフにお知らせください。

【受付の飛沫感染予防】

受付での飛沫感染予防のために、ビニールでシールドを作っています。
コロナが収束するまではこの状態で受付業務を進めますので、よろしくお願いします。

【患者さまごとに診療台を次亜塩素酸水及びアルコール消毒】

一人ひとりの治療が終わる毎に診療台を次亜塩素酸水及びアルコールで消毒しております。
患者様から患者様へ、スタッフから患者様への感染を防ぐよう最大限の努力をしています。

消毒のために患者さまの導入が遅れることがあるかもしれませんがよろしくお願いします。

【空気の入れ替え】

3密を防ぐために院内の空気の入れ替えを行います。
またウィルスの殺菌効果を持つ空気清浄器を常にフル回転させています。

新型コロナウイルス対策で一日に数回窓を開け放ち空気の入れ替えを行っています。
少し肌寒い時があるかもしれませんが、ご理解をお願いします。

【治療時における可能な物は使い捨て】

手袋・エプロン・コップなどは全て使い捨てで、患者様お一人ごとに交換しております。

【機械や器具の徹底的な滅菌・消毒・洗浄】

治療に使用するハンドピースをはじめとする機械や器具はすべて滅菌・消毒・洗浄を徹底しています。

【咳エチケットのお願い】

待合室では、咳が出る場合にハンカチや服の袖などで口鼻を覆う咳エチケットにご協力ください

また診療中に咳が出そうな場合は早めにお知らせください。

院内感染予防のため、ご来院中は感染予防のため待合室でのマスク着用や
手指の消毒のご協力をお願いします。

北海道では4月28日現在683名、釧路管内でも19名の陽性者が確認されています。

東京や大阪と比較して北海道は数字が低く初期対応が早かったこともありますが、今後も2次3次感染が考えられ、多くの方が目に見えない恐怖に怯えていると思います。

それは私たち歯科医院スタッフも同じです。

しかし、お口の中が不潔になれば感染症のリスクが高まることは間違いありません。

また今でも毎日のように、数日間眠れないくらい歯が凄く痛いと言われる方や、親知らずが腫れて食事が出来ないと言われる方、また入れ歯が割れてしまい、全く食事がとれないと言われる方が新患や急患で来院されています。

また今の緊急事態宣言が5月6日に終わらないでその後1か月~数か月延長される可能性もあります。

感染症対策をしっかりとして粛々と私たちに与えられた歯科診療と言う仕事に従事するつもりです。

皆さまのお役に立てるようにスタッフ一同頑張りますので、ご理解をよろしくお願いします。